ヨガ

yoga

ヨガってどんなイメージですか?

ダイエット

フィットネス

セレブがするもの

キラキラ女子がするもの

OLがするもの

今までいろんな声を聞きました。

特に聞いたことがあるのが上記のもの

ヨガを知っている人はちょっと笑っちゃいますよね。

いろんなヨガの種類があって、

現在のヨガシーンではその先生オリジナルのヨガなんかも多数ありますよね。

特に有名なヨガフェスなんかに出る先生はオリジナルのヨガを売り出しているなぁと思います。

きっと人の数だけヨガがあってその人にあったヨガがあるのだと思います。

アシュタンガヨガも一人一人に合った練習の仕方があるように思います。

アシュタンガヨガを考えたシュリ・K・パタビジョイスは

体が不自由でもアシュタンガヨガはできると言っています。

私が初めてヨガを深く学んだマイラリューインも同じようなことを言っていました。

ヨガは呼吸。

 

呼吸のペースはもちろんみんな違いますよね。

スリヤナマスカーラの手の上げ具合、前屈の手の位置、ダウンドッグの手と足の距離、どのポーズも一人一人違います。

快適な位置ってみんな違いますよね。

それぞれの体や心の状態によって毎日変化します。

深く前屈する、かっこよくジャンプスルーする、、、

そんなことは全く大切ではない。

しっかり呼吸し、流れるように動いていくこと。

マインドに意識がいかないよう、呼吸が助けてくれます。

あるヨガスタジオでは

ジャンプバック、ジャンプスルーにとてもこだわっていて、

練習に約2時間半くらいかけていました。

疲れますよね。

ポーズを完璧にかっこよくすることが目的ではなく、

心身の健康のためのヨガ

ヨガは良くも悪くも心身に影響するもの。

練習が間違った方向に行かないためにも、

自分に合った先生から指導を受けることは大切。

色々な資格を持って、講座受けまくって、

いろんなヨガを教えている先生よりも、

一つのヨガをとことん練習している先生がいいなと思う。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です